rausumaruの日記

日々考えたことなどを書き残すメモ帳。

足12ソムリエ①オススメ練習譜面

 

足12ソムリエ①練習になるオススメ譜面

 

 

この記事はB4UT Advent Calender 2017参加記事です

 

こんばんは、B4UT Advent Calendar 12/5担当のrausumaruです。

アドベントカレンダーを見るとボルテ(含ケーシュー)と弐寺についての記事が多く、DDRの記事は一本も予約されてなかったので、自分で書こうと思いました。

この記事を読んだ人はいい機会なのでDDRをプレイしましょう。

・筆者のスペック

前作基準で足紙(鬼鯖95万位)でどちらかというとスコアラー寄りです。

f:id:rausumaru:20171206000318p:plain

↑スコアツール

足12以上は全曲プレイ済みで、足12は全曲鳥、足13は未鳥2曲、それ以上はぼちぼちといった感じで12~16あたりをメインとしてプレイしています。

高難易度はB4UTにも上手な人がたくさんいますが、中難易度帯をガッツリ詰めてる人はいなさそうなので、自分は足12の譜面を紹介をしてみようかなと思います。

 

第一回目の今回は練習になるオススメ譜面です。

どのゲームでも上達に欠かせないのがフォルダ埋めだと思うのですが、聞いたことがない曲が200曲近く(足12は220曲)あってもどこから手を付けていいかわからないと思います。そこで今回は譜面の属性ごとに練習に適した譜面をあげていきます。

・正面交互

DDRの一番の基本は交互に踏むこと。大部分を正面のまま踏める譜面から見ていきましょう。

Bombay Bomb

BPM145. ひたすら交互に踏むだけですが、休憩がないので一回間違えると復帰が少し大変かもしれません。 

魔理沙は大変なものを盗んでいきました

BPM170. 足12ノーツ数2位の体力譜面です。ひたすら八分を踏んでいきます。難易度調整のためか付点リズムがただの八分につぶして配置されている部分があるので気を付けてください。

お米の美味しい炊き方、そしてお米を食べることによるその効果。

BPM190. 足12ノーツ数トップはこいつです。やっていることは単純なのですがいかんせん早くて長いので、初クリア狙いの段階だとかなり苦しい譜面かもしれません。できるだけパネルの中心より(上パネルなら下側、右パネルなら左側)を踏んで、コンパクトな動きで体力消費を抑えましょう。

Idola

BPM200. 足12としてはトップクラスに早い8分なので、これに問題なくついていけるのであれば正面交互はもう問題ないでしょう。

・捻り

次は捻りです。ここまでは正面を向いたまま交互に踏める譜面でしたが、ここからは横を向いて体を捻らないと交互に踏めない譜面を見ていきます。個人的には捻りが一番意識的に練習すべき要素だと思っている(スライドで誤魔化す癖がつきやすい)のでぜひ重点的にプレイしましょう。

 

SUNKISS DROP

捻りの練習といえばコレ。↓のような形の捻りがひたすら続きます。

←___ 左
_ ↓ __ 右
___→ 左
_ ↓ __ 右
←___ 左

 基本的に同じ捻りを繰り返す譜面なので、動きを体に覚えさせるのに向いているでしょう。慣れてきたら各塊の最後にくっついている逆向きの捻り(下パネルを使う捻り配置のラストならば上パネ捻り)を見越して上半身を早めに回せるようになるとなお良しです。

f:id:rausumaru:20171204005555p:plain

Go For The Top

軸配置が多く、軸捻りの練習になります。軸でない方の足を体ごとぐるりと回して、←と→を同じ足で取りましょう。ソフランと停止があるので、譜面動画を見てざっくり覚えてからプレイした方が安全です。

TECH-NOID

上の二曲とは違ってBPMが低い代わりに多様な捻りが楽しめます。慣れるまで難しい配置として↓のようなアフロ踏み

←___

__↑_

___→

←___ ←このノーツを右足で取る

_↓__

___→

という配置が入っていたりします。この配置は真横まで体を捻って取りましょう。

幻想系世界修復少女(難)

全体的に横向き配置が多くこれまでに上げた譜面より難しいです。また、

←___右
_ ↓ __左
__ ↑ _右
←___左

のような少し特殊な3パネル内での捻りも練習できます。こういう複雑な交互を取れるようになるとDDRがますます楽しくなってきますよ!

・フリーズアロー絡み

次はフリーズアロー絡みです。DDRのフリーズアローは一瞬なら足が離れてもよく(目安としては4分間隔くらいまで)、終点も見かけより4分ほど早く離しても問題がないというちょっと特殊な仕様です。慣れましょう。

Sky is The Limit

中盤までは素直に踏むだけですが、終盤は気を付けないと右足で←のフリーズアローを踏んでしまったりしがちなので気を付けましょう。フリーズアロー絡みに関しては多少スライドをしてでも正面向きをキープした方がいい場合もあります。

Private Eye

中盤に短いフリーズアローがたくさん降ってくる地帯がありますが、フリーズアローの使用の陰で、ほぼ普通のノーツと同じような踏み方で問題なくつながります。見かけに騙されずに踏んでいきましょう。

KISS KISS KISS(やや難)

元11なのにフリーズ絡みとしては足12最強格です。フリーズを跨いだ捻りが多発するので、しっかり体を回していきましょう。

・同時絡み

ここからは操作の難しさが表れてくる分野です。手は両の手が独立に動かせますが足は独立には動かないので、片足ずつ動かす場合とはまた違った体の使い方が必要となります。

DXY!

BPM148. 難所の同時絡みは体の向きを固定したまま足をスライドしてノーツを拾いましょう。

FLOW

単単同の形の3連がたくさん降ってきます。ポイントははじめの単をどちらの足で取るかで、三歩目の同時を取りやすいような入り足で入ることが重要です。例えば

__ ↑ _
_ ↓ __
__ ↑ →
の場合なら三歩目の↑を左足で取るので、一歩目も左足です。このような判断をその場で行いながら入り足を決めるので、ハイスピはかけ過ぎないようにした方が無難です。

嘆きの樹

単同単の形の3連が特徴的です。気合で踏みましょう。

Children of the Beat

同時から始まる八分と同時で終わる八分があります。同時始まりの方に関しては予備動作で飛び上がっておくことでかなり踏みやすくなります。

Unreal(難)

足12の同時譜面編大ボスです。同時入りも同時抜けも単同単も全部あります。かなり強いので心して挑みましょう。同時絡みは体力を消耗するので、足12最多ノーツのお米タルよりも疲れると思います。

・地団駄

他機種でいういわゆるトリルのことをDDRでは地団駄と呼びます。単に2パネルを素早く交互に踏むだけなのですが、足はそう器用に動かないのでかなり難しいです。易しいものからやりましょう。

Freeway Shuffle

BPM145の5連地団駄です。たった5連ですが難しいんですよ・・・。この譜面はアフロ踏みも含まれているので一粒で二度おいしい譜面ですね。

Across the nightmare

BPM300(倍取りなので実質150ですが)の7連・9連が存在します。5連より長い地団駄入門としておすすめです。これが余裕になったら同曲の鬼譜面も練習になります。

めうめうぺったんたん(やや難)

BPM185の5連地団駄です。速さだけならPOSSESSIONと同じな位なのでかなり早いです。難しい

・ショックアロー

ショックアローは触ったらいけないノーツです。避け方としては中央の銀パネルに避難するかジャンプするかの二択ですが、銀パネ回避を要求する譜面の方が多い印象があります。

Mermeid girl

八分のラストがショックアローになっている配置が多くあります。ショックアローの有るタイミングで銀パネ(中央)を踏めという指示が出ていると思って踏むと綺麗に踏めるでしょう。

New Beginning

前半は八分の頭にショックアローがある配置が、後半は八分滝の間に挟まった形が多くみられます。すべて銀パネ避けでOKです。

MAKE IT BETTER(So-REAL Mix)(鬼)

捻りの中にショックアローが混じっていることで難易度が上がっていますが、やる事は同じ銀パネ避けです。BPMが遅いのでしっかり見て踏み方を判断しましょう。

One Sided Love(難)

足12ショックアロー系の大ボスです。ひたすらショックアローなので、一旦足を取られると復帰できずに死ぬ恐れがある厳しい譜面です。一応完全交互で踏める譜面なので頑張れる人は頑張ってください。

 

 

これで今回紹介する譜面は以上となります。

いかがだったでしょうか。足12の中にも多様な譜面があって面白そうに思えてきませんか?

ぜひゲームセンターで実際にプレイしてみてください。

次回(も書く気力があれば)は②ピリリと辛い局所難 です。お楽しみに!